疲れている人はコエンザイムQ10を摂ろう

コエンザイムQ10の名前は耳にしたことがあるけれど、実際どのような成分なのかについては知らない人もいるのではないでしょうか。コエンザイムQ10は人の体の中にあり、普段口にする食品にも含まれています。コエンザイムQ10は疲れを吹き飛ばし、イキイキとした生活を送りたい人におすすめの成分です。

エネルギーを作り出す働きがあるコエンザイムQ10

詳細を読む

コエンザイムQ10は、人が生きていくために必要なエネルギーを作り出すのに関わる成分です。今ではサプリメントや化粧品などに配合され幅広く販売されていますが、元はうっ血性心不全の医薬品として認可されたものです。

コエンザイムQ10は人の体内で合成され、人体のあらゆる部分に存在します。特に細胞の中にあるミトコンドリアに多く存在します。

ミトコンドリアは、食品から摂り入れた栄養素と呼吸から取り入れた酸素からエネルギーの元になる物質、アデノシン三リン酸を作り出します。この時にコエンザイムQ10は利用され、効率よくアデノシン三リン酸を作り出すのを助けます。

活性酸素を除去する働きがあるコエンザイムQ10

活性酸素という言葉を聞いたことはありませんか?

活性酸素は強い酸化力を持ち、人の体内に入り込んだ病原菌やウイルスなどを除去し、病気にかからないようにする有益な働きがあります。しかし過剰に発生すると、その強い酸化力で正常な細胞まで攻撃し酸化させてしまいます。過剰な活性酸素はあらゆる病気の原因とも考えられています。ミトコンドリアでエネルギーが産生される時に活性酸素が発生しますが、それを除去する働きがあるのがコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10が不足すると疲れやすい

元気で活動的に生活するためにはコエンザイムQ10が体内に十分存在し、円滑にエネルギーが作られる必要があります。しかしコエンザイムQ10が不足すると、エネルギーの産生が活発に行われず、エネルギー不足で疲労や倦怠を感じる原因となります。

コエンザイムQ10は体を酸化させる過剰な活性酸素を除去しますが、そのコエンザイムQ10が不足すると病気にかかりやすく、体調を崩しやすくなります。ちょっとしたことですぐに疲れを感じ、肌の調子が悪くなることも起こりえます。

20歳をピークに体内のコエンザイムQ10は減少する

コエンザイムQ10は20歳をピークに体内で作られる能力は低下し、体内に存在する量が減ります。若くてもストレスや病気によって、コエンザイムQ10の体内量は減少します。コエンザイムQ10が減ると疲労が溜まりやすいため、食品などからコエンザイムQ10を摂取することが望まれます。

コエンザイムQ10を含む食品

詳細を読む

コエンザイムQ10を含む食品は肉、特にレバーや心臓などの内臓、イワシ、ニシン、かつお、マグロなどの魚、コーン油、ひまわり油、ゴマ油などの植物油、アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類、チーズや牛乳などの乳製品があります。
肉の内臓やイワシなどの魚には、比較的多くのコエンザイムQ10が含まれていますが、このような食品を毎日食べることはかなり難しいと思われます。野菜や果物にもコエンザイムQ10は含まれていますが、その量は多くありません。

日本人が1日に食品から摂取するコエンザイムQ10は5~10mg程度であるといわれています。

このように食品から多くのコエンザイムQ10を摂取するのは大変なので、サプリメントからの摂取を考えてみることもひとつの方法です。

コエンザイムQ10の摂取目安量は?

詳細を読む

コエンザイムQ10の摂取目安量、並びに摂取上限量は決められていません。ただし医薬品として摂取する場合は1日に30mgまでとされています。厚生労働省では、健康食品として摂取する場合でも、医薬品と同じ量までの摂取とするように呼びかけています。

運動後の疲労回復にもコエンザイムQ10がおすすめ

激しいスポーツをする人の中には、コエンザイムQ10を摂取している人が多くいます。スポーツ後に消耗したエネルギーを補い、速やかに疲労を回復するためには、効率よくエネルギーを作り出すコエンザイムQ10の働きが必要です。

激しいスポーツは大量の酸素を取り入れるため、発生する活性酸素の量が増えます。増え過ぎた活性酸素を除去するためにもコエンザイムQ10を摂取し、スポーツの後の疲労を軽減するようにしましょう。

まとめ

コエンザイムQ10はエネルギーを作り出し、過剰な活性酸素を除去し、細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用のある物質です。体内のコエンザイムQ10の量が減るとエネルギーが効率よく作られず、エネルギー不足から疲労感を覚えることがあります。

サプリメントなどからコエンザイムQ10を補給することによりエネルギーの産生を増やし、活性酸素の害から体を守り、疲労が溜まりにくい体作りに役立てましょう。

MENU