コエンザイムQ10と合わせて摂りたいL-カルニチン

いつも元気で活動的に生活したい人にはコエンザイムQ10がおすすめです。コエンザイムQ10には、合わせて摂りたい成分がいくつかあります。その中のひとつにL-カルニチンがあります。ここではコエンザイムQ10とL-カルニチンについてご紹介します。

コエンザイムQ10はエネルギーを作り出す

詳細を読む

人は生活において活動する時にエネルギーが必要ですが、眠っている間も、臓器を動かし生命を維持するために、絶え間なくエネルギーが消費されています。エネルギーは人が生きていくうえで必要不可欠なものです。そのエネルギーを効率よく作り出すのに関係する物質がコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10が不足するとエネルギーがうまく作り出されません。その結果、疲れやすくすぐに風邪を引くなど、健康上何らかのトラブルを抱えてしまう可能性もあります。

コエンザイムQ10はエネルギー産生のほかにも、過剰な活性酸素を除去する強い抗酸化作用があります。

コエンザイムQ10は体内で合成され、ビタミンによく似た働きのあるビタミン様物質で酵素を助ける補酵素のひとつです。コエンザイムQ10は人体中の細胞内のミトコンドリアに最も多く存在しています。

L-カルニチンは遊離アミノ酸の一種

L-カルニチンは生体内の筋肉や心臓、肝臓、腎臓などの組織に広く存在する遊離アミノ酸の一種です。アミノ酸はタンパク質を構成している物質ですが、遊離アミノ酸はタンパク質を構成せず、生体内で遊離して存在しているアミノ酸です。

L-カルニチンは脂質の代謝に関わる

詳細を読む

L-カルニチンもコエンザイムQ10と同じく、体内で合成されるビタミン様物質ですが、脂質の代謝に関係します。

L-カルニチンはエネルギーが作り出される細胞内のミトコンドリアへ脂肪酸を運ぶ働きに関わります。ミトコンドリア内に運搬された脂肪酸は酢酸に分解され、アセチル補酵素Aを生成し、クエン酸回路に入ります。そしてエネルギーの元になるアデノシン三リン酸という物質を産生します。

L-カルニチンは脂質の代謝に関与するため、脂肪を燃焼させる働きがあるのではと考えられています。実際に脂肪燃焼が促進されたとする海外での研究結果も報告されています。しかしヒトに対しての有効性については現在もさらなる研究が進められており、今後の研究結果が待たれます。

L-カルニチンは循環器への効果が期待される

詳細を読む

L-カルニチンは狭心症、うっ血性心不全に対しての有効性があると考えられています。心臓はエネルギーの多くを、脂肪の燃焼により得ています。脂肪の代謝に関与するL-カルニチンは、心臓にとって非常に大切な働きをしている物質なのです。心臓が健康に働くためには、L-カルニチンが有効であると示した臨床データも出ています。

コエンザイムQ10とL-カルニチンでエネルギー産生を一層高める

コエンザイムQ10とL-カルニチンは、どちらもエネルギー産生に大切な役割を果たす物質です。このふたつを合わせて摂ることにより、さらに効率的なエネルギー産生が期待できます。

年齢と共に減少するコエンザイムQ10とL-カルニチン

コエンザイムQ10とL-カルニチンはどちらも体内で合成される成分です。どちらの成分も20歳をピークに合成する力が衰え、体内に存在する量が減少します。特にL-カルニチンは筋肉中に多く含まれていますので、加齢と共に筋肉量が減ると必然的にL-カルニチンの量が減少します。

L-カルニチン配合のコエンザイムQ10のサプリメントを利用しよう

詳細を読む

コエンザイムQ10は肉のレバー、イワシやさんま、まぐろなどの魚、植物油やナッツ類、野菜、果物に含まれています。

L-カルニチンは肉の赤身の部分に多く含まれていますが、野菜や果物にはほとんど含まれていません。

コエンザイムQ10はバランスの取れた食事をすると、少しずつ食品から摂取できます。しかし食品からではあまり多くの摂取量は期待できません。一方のL-カルニチンは、肉を食べない人が食品から摂取することは難しいです。

このため、コエンザイムQ10とL-カルニチンを一緒にサプリメントから摂取すると、効率よく両方の成分を一度に摂取できるのでおすすめです。疲労しやすい方、体力の衰えを感じている方は、L-カルニチン配合のコエンザイムQ10のサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

コエンザイムQ10はエネルギーを産生し、抗酸化作用があり、過剰な活性酸素を除去する物質です。

L-カルニチンは脂質の代謝に関わり、脂肪燃焼の働きと循環器への効果が期待されている物質です。

このふたつを合わせて摂ることにより、より効率的なエネルギーの産生が期待できます。

コエンザイムQ10とL-カルニチンは体内で合成されますが、その能力は年齢と共に衰え減少します。

より効率的にエネルギーを産生するためには、コエンザイムQ10とL-カルニチンを一緒にサプリメントから摂取することがおすすめです。

MENU