ゼリータイプのコエンザイムQ10

エネルギッシュでイキイキとした生活を送りたい人をサポートするコエンザイムQ10は、サプリメントの中でも常に一定の人気があります。そのコエンザイムQ10にゼリータイプがあるのをご存知でしょうか。粉末や錠剤が苦手な人でも、ゼリータイプなら口当たりも良く、おいしく摂取できるのでおすすめです。

エネルギー不足を感じたらコエンザイムQ10がおすすめ

詳細を読む

コエンザイムQ10は体内で合成される物質で、体中の細胞のミトコンドリアという部分に多く存在しています。ミトコンドリアでは、人が生きていくのに必要なエネルギーが作り出されます。

コエンザイムQ10は酵素の働きを助ける補酵素のひとつで、酵素と協力してエネルギーを作る作用に関与します。コエンザイムQ10が不足するとエネルギーが効率良く作られません。そのため疲労や倦怠感を覚え、体の衰えを実感しやすくなります。

コエンザイムQ10の体内合成力は年齢と共に低下する

詳細を読む

コエンザイムQ10を体内で合成する能力は20歳をピークに年齢と共に低下します。このため食品などから積極的に摂取することが望まれます。

コエンザイムQ10は肉のレバーやイワシ、まぐろ、さんまなどの魚、ピーナッツや植物油などの普段口にする食品に含まれています。バランスの取れた食事をすると、それぞれの食品から少しずつコエンザイムQ10が摂取できます。とはいえ忙しくて、ついインスタント食品やファーストフードで食事をすませることが多いという人もいます。

そこで効率良くコエンザイムQ10を摂取するために、サプリメントを飲むという選択があります。しかし粉末やカプセルのサプリメントでは喉につかえて飲みにくい、薬のようで長続きしない、飲み忘れることが多いので買っても無駄にしてしまうという人もいます。そんな人におすすめなのがゼリータイプです。

ゼリータイプのコエンザイムQ10は2種類ある

ゼリータイプのコエンザイムQ10はふたつの種類があります。ひとつはエネルギー補給のためのゼリー飲料のようなタイプで、プラスチックの飲み口がついたアルミラミネートのパウチ容器に入っています。もうひとつはスティック状になったものです。

ゼリー飲料タイプのコエンザイムQ10

詳細を読む

ゼリー飲料タイプのコエンザイムQ10は一袋150g入りで国内大手メーカーより販売されています。原料はコエンザイムQ10のほかローヤルゼリー抽出液、オタネニンジンエキス、分岐鎖アミノ酸(BCAA)、α-リポ酸、L-カルニチンなどが配合されています。一袋にコエンザイムQ10が10mg配合されています。

コエンザイムQ10は脂溶性で吸収率が低い成分です。しかしゼリー飲料タイプのコエンザイムQ10は水溶性で、吸収率が高いというメリットがあります。

さらに疲労回復に働くオタネニンジンエキスと、美容にもいいローヤルゼリーが配合されているほか、スポーツをする人の筋たんぱく質の分解を防ぐ分岐鎖アミノ酸も摂取できます。分岐鎖アミノ酸の同時配合は、コエンザイムQ10のエネルギー産生の効率を高めます。

味は飲みやすいフルーツ風味で、気になるカロリーは一袋が約40.5kcalと低めです。ダイエット中の人でも安心して飲めます。

ゼリー飲料タイプは毎日のコエンザイムQ10の補給だけではなく、忙しい朝の朝食代わりや小腹が空いた時の間食にも適しています。エネルギー不足を痛感している方やスポーツをする方、食欲不振時や病気の前後の栄養補給にも適したタイプです。

ゼリー飲料タイプの価格は1袋150円台から200円台で販売されています。

スティック型のゼリータイプのコエンザイムQ10

詳細を読む

スティック型のゼリータイプのコエンザイムQ10は1包ずつ個別包装されています。1包は10gですがコエンザイムQ10が200mgも入っています。このタイプも水溶性のコエンザイムQ10が使用されているため、吸収率が優れています。こちらもフルーツ風味で食べやすく、糖アルコールの一種である還元水飴が使用されているため、糖分が気になる方でも安心して摂取することができます。還元水飴は甘いのですが血糖値の上昇を抑える働きがあります。

スティック型は小さくて携帯に便利で、水なしでいつでもどこででも摂取することができます。

国内のメーカーから販売されているスティック型ゼリーは14本入りを3600円ほどで購入できます。

ゼリータイプのメリットとデメリット

ゼリータイプのメリットは、水溶性のコエンザイムQ10を使用しているため吸収率が高いこと、いつでも好きな時間に摂取できること、おやつや間食としても手軽に摂取できることなどがあります。口当たりが良く、食欲不振時の栄養補給として摂取できることもメリットといえます。

デメリットは錠剤やカプセルに比べ割高であること、添加物として乳化剤や人工甘味料、増粘多糖類などが使用されていることがあります。

錠剤や粉末などのサプリメントに少々飽きた方は、間食としても利用できるゼリータイプのコエンザイムQ10を試してみませんか?

MENU