健康回復

コエンザイムQ10の含まれる食品は?

抗酸化物質は、殆どの生物に存在します。
ビタミンEや様々なポリフェノール類がこれにあたるのですが、抗酸化物質とは生物その物が酸化しないようにするための自己防衛システムなのです。
そして、その生物のもっている抗酸化物質を利用させて戴いているのが我々人間です。

コエンザイムQ10が、どのような食品に100グラム中どの程度含有しているかを見てみることにします。

【肉類】
牛肉3.1mg
豚肉3.8mg

【魚類】
イワシ6.4mg
サバ 4.3mg
イカ 2.4mg

【野菜類】
ほうれんそう1.0mg
ブロッコリー0.9mg

これ以外でも多くのものに含まれていますが、加熱調理をすると約23%程減少してしまいます。
ですから、1日当り必要摂取量を30から60mgと言われていますが、到底食事だけでは難しいです。

コエンザイムQ10は、人体内で生合成できますので、摂取不足の場合でもあまり心配する必要はありません。
アセチルコエンザイムA(補酵素)がコレステロールと同じ経路を辿る途中で、ファルネシルピロリン酸がデカプレニルピロリン酸に変化し、チロシン(アミノ酸)が変化した4-ヒドロキシ安息香酸との生合性によりデカプレニル-4-ヒドロキシ安息香酸になった後、コエンザイムQ10となります。