妊娠中、授乳中はコエンザイムQ10を摂っても良いか

コエンザイムQ10はイキイキとした活動的な生活をサポートする美容と健康のための成分です。妊娠中、授乳中は栄養をしっかりと摂る必要があり、コエンザイムQ10に注目している人もいると思います。妊娠中、授乳中はコエンザイムQ10を摂取しても良いのでしょうか?

医薬品やサプリメントとして利用されるコエンザイムQ10

詳細を読む

コエンザイムQ10はビタミンによく似た脂溶性の物質で、医薬品や健康食品、サプリメントとして利用されています。

医薬品はノイキノン、あるいはユビデカレノンと呼ばれ、軽~中程度のうっ血性心不全症状の治療に用いられます。

健康食品やサプリメントとして利用される場合は、ユビキノンとも呼ばれます。コエンザイムQ10は体内で作られる成分で、臓器や筋肉などの人体のあらゆる部分に存在し、生命活動に必要なエネルギーを作る働きに関わります。コエンザイムQ10が十分に存在するとエネルギーが豊富に作られ、疲労を回復し、健康の増進が期待できます。コエンザイムQ10は加齢に伴い体内で作られる量が減ります。

妊娠中、授乳中のコエンザイムQ10のサプリメント摂取は控える

妊娠中、授乳中は栄養のバランスに特に気をつける必要がある時期であり、栄養補給の目的でサプリメントの摂取を考えている人もいるかもしれません。

コエンザイムQ10は元々体内で作られる成分であり、経口摂取するのに安全性が高い成分であると考えられています。深刻な副作用の報告はありません。(2018年現在)
とはいえ妊娠中、授乳中の安全性についてはデータが不足していることから、厚生労働省では妊娠中、授乳中のコエンザイムQ10の摂取は避けるように呼びかけています。

妊娠中、授乳中にサプリメントの摂取を慎重にすべき理由

妊娠中、授乳中に口にする食品や薬は、胎児や赤ちゃんに何らかの影響を与える可能性が高いと考えられています。良い影響なら問題がありませんが、摂取するものによっては悪影響を与えることが懸念されます。

品質や規格が統一されていない

詳細を読む

コエンザイムQ10に限らず、健康食品やサプリメントは法令上、明確に定義されておらず、そのため、これらは食品の範疇に含まれます。医薬品は効果効能、副作用が十分なデータにより科学的に証明されており、製品の品質が一定で、医者や薬剤師の管理のもとに使用します。

サプリメントは食品であることから、誰でも自由に利用することができます。製造管理は各メーカーが独自に行い、品質や規格が統一されていません。同じ成分のサプリメントであっても、メーカーや商品により含まれる成分の種類や量が異なり、体に及ぼす影響にも違いがあります。すべてのサプリメントに徹底した製造管理が実施されているわけではないのが現状です。

安全性を保証するデータが十分に存在しない

詳細を読む

現在のところ、医薬品ではない錠剤やカプセル状の製品の安全性を保証するデータは十分に存在しません。

妊娠中、授乳中に限らず、乳児や小児、病気の人や高齢者などのリスクの高いグループの人は、サプリメントの利用に慎重になる必要があります。どんな人にも100%安全が保証されたサプリメント、健康食品は存在しないのです。従って利用対象者や摂取量を考慮しなければなりません。

妊娠中、授乳中の臨床実験は困難

妊娠中、授乳中の人を対象に、胎児や赤ちゃんへの影響を臨床実験で調べるのは倫理上の問題があり難しいとされています。このことが妊娠中、授乳中におけるサプリメントの安全性についてのデータ不足につながっています。厚生労働省では、将来的にも十分なデータが得られるのは困難と予想されることから、胎児や乳児への影響を優先して考え、サプリメントは控えたほうが良いと結論づけています。

妊娠中、授乳中は食品からコエンザイムQ10を摂取しよう

コエンザイムQ10は一般の多くの食品に含まれています。肉類や魚類をはじめ、野菜や果物、乳製品などをバランスよく食べると、それぞれの食品からコエンザイムQ10を摂取することが可能です。サプリメントに比べると、食品に含まれるコエンザイムQ10の量は少なめです。しかし食品に含まれているコエンザイムQ10は吸収が良いというメリットがあります。

妊娠中、授乳中は栄養バランスの良い食事を心がけ、食品からコエンザイムQ10を摂取しましょう。

まとめ

妊娠中、授乳中はコエンザイムQ10のサプリメントの摂取は控えましょう。

サプリメントは食品に属し、医薬品のように品質や規格が統一されておらず、また安全性に関するデータも不足しています。

妊娠中、授乳中の人、乳児や小児、病気の人や高齢者などのリスクの高いグループの人は、コエンザイムQ10に限らず、サプリメントの利用に慎重になる必要があります。

妊娠中、授乳中は食品からコエンザイムQ10を摂取するようにしましょう。

MENU