コエンザイムQ10と合わせて摂りたいヒアルロン酸

ヒアルロン酸は化粧品に配合されていることもあり、特に女性の間で注目を集めている成分です。いつまでも若々しく元気でいたいと願う人におすすめのコエンザイムQ10とヒアルロン酸は合わせて摂りたい成分同士です。このふたつの成分について説明します。

コエンザイムQ10はエネルギーを産生し抗酸化作用を持つ物質

詳細を読む

コエンザイムQ10はビタミン剤などと同様に健康食品として販売されています。体内で合成される物質ですが、年齢と共に作られる量は減少するため、食品やサプリメントから摂取することがすすめられます。コエンザイムQ10は肉、レバー、魚、植物油、ナッツ、野菜、果物、乳製品などの多くの食品に含まれていますが、それぞれの含有量はあまり多くはありません。

コエンザイムQ10は補酵素と呼ばれ、酵素の働きを補助する役目を担う物質です。人の体内では細胞内のミトコンドリアに多く存在します。酵素と協力して臓器や筋肉を動かすために必要なエネルギーを作り出す働きに関与します。

コエンザイムQ10は抗酸化作用を持ち、生活習慣病や老化の原因と考えられている過剰な活性酸素を除去する働きがあります。

ヒアルロン酸は皮膚のハリを保つ働きがある

ヒアルロン酸は人の体内に存在する多糖類のひとつで、眼のガラス体の成分として1934年にアメリカの大学教授らにより発見されました。多糖類とは複数の糖類が結合しているものでセルロース、でんぷん、グリコーゲンなどがあります。

ヒアルロン酸は高い粘性があり、筋肉、皮膚、腱などの組織の中に広く分布しています。ヒアルロン酸は関節の動きを滑らかにする働きや、細胞同士をつなぎ合わせ、皮膚のハリやみずみずしさを保つ働きがあります。

ヒアルロン酸は医薬品としても利用され、膝などの関節の痛みを柔らげるために関節内への注入や、白内障や角膜移植手術の際に補助剤として使用されます。また美容外科で、シワやたるみを改善する目的でも使用されています。ヒアルロン酸の高い保水性はドライアイを防ぐための点眼薬にも使用されています。医薬品として利用される場合は経口摂取ではありません。

ヒアルロン酸も年齢と共に体内の量が減少する成分です。ヒアルロン酸は魚の目や豚足、すっぽん、フカヒレなど、普段あまり食べないものに含まれています。したがってサプリメントから補うと効率的です。

美容と健康にヒアルロン酸を配合したコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は疲れやすく、エネルギー不足を感じる人に積極的に摂取してほしい成分です。また過剰な活性酸素の害から細胞を守り、老化や生活習慣病を防ぎたいという人にも向いています。活性酸素は激しい運動や喫煙、長時間の紫外線照射、ストレスなどによっても増えるため、スポーツをする人、野外で過ごすことが多い人、タバコを吸う人、ストレスがたまりやすい人もコエンザイムQ10を摂取するとよいでしょう。

ヒアルロン酸はハリのあるお肌を保ちたい人、シワや乾燥が気になる人、若々しいお肌を目指したい人におすすめの成分です。

コエンザイムQ10、ヒアルロン酸共、体内量が顕著に減少する40歳頃には積極的に補給するように心がけましょう。

コエンザイムQ10とヒアルロン酸はそれぞれ別々に摂取してもよいのですが、このふたつを同時に配合したサプリメントも市販されています。複数のサプリメントを飲むのは面倒だという人におすすめです。別々で購入するより経済的にもお得です。

コエンザイムQ10とヒアルロン酸を合わせて摂取し、ハリのある毎日を送りませんか?

まとめ

人の生命活動に不可欠なエネルギーを作り出すのに関わるコエンザイムQ10と、保水性に優れ、目や肌の乾燥を防ぐヒアルロン酸はどちらも体内で作られる成分です。

加齢に伴いコエンザイムQ10とヒアルロン酸の体内量は減少します。コエンザイムQ10とヒアルロン酸が同時に配合されたサプリメントも販売されていますので、食品やサプリメントから補給するとよいでしょう。

MENU