コエンザイムQ10でホルモンバランス改善

更年期の頃に体調が思わしくなくなる一因として、ホルモンバランスの乱れが考えられます。更年期ではなくても、何らかの原因でホルモンバランスが乱れることもあります。ホルモンバランスが乱れると、さまざまな健康上の問題が起こります。ホルモンバランスを整えるのにコエンザイムQ10が役立つのをご存知でしたか?

ホルモンは生命維持活動や生殖機能に関わる物質

詳細を読む

人の体温は外気温に関係なく一定に保たれ、生命が維持されます。このように人の体を常に一定の状態に保つために、内分泌腺と呼ばれる細胞から必要に応じて合成され分泌される物質をホルモンと呼びます。ホルモンは血液によってそれぞれ必要とされるところまで運ばれます。

内分泌腺は甲状腺、副甲状腺、副腎、下垂体、卵巣、精巣、松果体、胸腺、膵臓のランゲルハンス島があります。内分泌腺のほかにも、心臓、胃、小腸、視床下部からもホルモンは分泌されます。

ホルモンは生命維持活動のほか成長、生殖機能を調節する役目を果たします。

ホルモンバランスの乱れの原因と症状

詳細を読む

ホルモンバランスを乱す原因は、加齢、ストレス、無理なダイエット、睡眠不足、喫煙、過度の飲酒、運動不足、冷え、そして病気などがあります。

女性ホルモンのバランスが乱れると、生理不順、月経前症候群、不妊などが起こります。そのほか歯茎の出血やシミやそばかすが濃くなることもあります。

男性ホルモンのバランスの乱れにより、個人差がありますが、頭皮の抜け毛、筋力低下、性機能障害、不妊、鬱、頻尿、疲労倦怠などの症状が出ることがあります。

また甲状腺ホルモンが乱れると甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症が起こり、髪の毛の成長が止まったり、肌が乾燥するといった症状が出る可能性があります。

いずれも症状が重く気になる場合は、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

コエンザイムQ10はホルモンバランスの乱れを整える

コエンザイムQ10は元々体内で作られる物質です。人体中の細胞内のミトコンドリアという小器官に多く存在し、生命維持に必要なエネルギーを効率良く産出する役目を担っています。次にコエンザイムQ10がホルモンバランスの乱れを整えるメカニズムを説明しましょう。

内分泌腺の細胞を活性化

詳細を読む

コエンザイムQ10が体内に十分に存在するとエネルギーが豊富に産生され、各臓器、器官の細胞が活発に働きます。内分泌腺の細胞も活性化し、ホルモンの合成と分泌が促されるため、ホルモンバランスの調整につながるのです。

血行促進

詳細を読む

コエンザイムQ10は大量のエネルギーを必要とする心臓に多く存在し、その働きを支えます。エネルギー不足では心臓はうまく働きません。ポンプの役割をする心臓が、エネルギーを得て活発に働くと血行が促進されます。血行が促進されれば、ホルモンが血液に乗って必要とされる部分へスムーズに送られるのです。

コエンザイムQ10は抗酸化作用のある物質であり、血管を傷つけ老化させる過剰な活性酸素を除去し、血管の健康を守ります。若々しい血管は弾力性に富み、血行促進に寄与します。

このように、コエンザイムQ10は血行を促進することによっても、ホルモンバランスの調整に役立っています。

コエンザイムQ10は年齢に伴い体内量が減少します。ホルモンバランスの乱れの予防と改善の補助として、食品やサプリメントで毎日補給すると良いでしょう。

まとめ

ホルモンとは人の体を常に一定の状態に保つために、内分泌腺と呼ばれる細胞から必要に応じて合成され分泌される物質です。生命維持活動や生殖機能を調節する役目があります。

ホルモンバランスが乱れると、さまざまな健康上の問題が起こります。

コエンザイムQ10は内分泌腺の働きを活発にし、血行を促進することによりホルモンバランスの調整を補助します。

コエンザイムQ10は年齢に伴い体内量が減少します。ホルモンバランスの乱れを防ぐための補助として、食品やサプリメントで補給しましょう。

MENU