コエンザイムQ10にアレルギーの心配はない?

コエンザイムQ10のサプリメントを摂取すると、副作用としてアレルギー症状が出ることがあるのでしょうか。コエンザイムQ10は肉や魚などの一般の多くの食品に含まれています。食品からの摂取が問題なければ、サプリメントから摂取してもアレルギーの心配はないのでしょうか。

コエンザイムQ10は副作用の報告が少ない成分

コエンザイムQ10を健康食品やサプリメントとして利用する場合、適切に摂取するとおそらく安全であるとされています。本来、副作用とは医薬品を服用した場合に、目的以外の症状が出ることを意味します。サプリメントは医薬品ではありませんが、何らかの症状が副作用として表れることもあります。

コエンザイムQ10の副作用として報告されているのは、吐き気、嘔吐、下痢などの胃腸症状を生じる可能性があるということで、深刻な副作用についての報告は、現時点ではありません。

アレルギーについて注意すべき事柄

これまでコエンザイムQ10の摂取でアレルギーが出たという事例は報告がなく、アレルギーの可能性は低いと考えて良いでしょう。とはいえ何らかのアレルギーがある人は、摂取するにあたり注意すべき点がいくつかあります。

サプリメントの原料を確かめる

詳細を読む

サプリメントには色々な原料が使用されています。コエンザイムQ10そのものにアレルギーの心配はなくても、添加物として含まれている原料にアレルギー反応が起きる可能性があります。

コエンザイムQ10のサプリメントには添加物として大豆由来の植物レシチン、牛や豚由来のゼラチン、じゃがいもやトウモロコシが原料のデキストリンなどを使用している商品が多くあります。また、ほとんどのサプリメントに滑剤としてステラリン酸が使用されていますが、人によってはこれらの添加物にアレルギー反応を示すことがあります。コエンザイムQ10のサプリメントを購入する際には、過去にアレルギーを起こした成分が含まれていないかどうかを必ず確かめましょう。

製法を確かめる

詳細を読む

コエンザイムQ10の製法は合成法と発酵法があります。

合成法はナス科タバコ属の植物の葉がコエンザイムQ10の抽出に使用されます。発酵法はテンサイ、サトウキビ、トウモロコシが原料に使用されます。これらの植物は原料に使用されるとはいえ、製造後のコエンザイムQ10に素材として含有されることはまずありません。しかしこれらの原料にアレルギーのある人は万一に備え、摂取を慎重に考慮したほうが良いでしょう。

安全にサプリメントを摂取するために

コエンザイムQ10のサプリメントは毎日継続して摂取することが望まれます。そのためには商品選びはしっかりと行いたいものです。

アレルギー成分の有無は勿論、製造方法、純度、含有量、そして価格を考慮して商品を選びましょう。安全に摂取するためには、商品に書かれている用量を守ることも大切です。安全だからといって過剰に摂取すると、思わぬ副作用が出る可能性があることを覚えておきましょう。

まとめ

コエンザイムQ10は安全性が高いと見なされている成分で、アレルギーの副作用の報告はありません。

サプリメントの場合、コエンザイムQ10にはアレルギーがなくても、添加物にアレルギーとなる成分が含まれていることがあります。購入時には原料を確かめましょう。

コエンザイムQ10は合成法と発酵法があり、それぞれ違った植物が原料に使用されています。製造後のコエンザイムQ10に、それらの原料が素材として含有されることはまずありません。とはいえ念のため、アレルギーのある人は慎重に摂取を考慮しましょう。

MENU