コエンザイムQ10のニキビ予防と改善効果

ニキビは思春期にできるものと、20歳以降にできる大人のニキビがあります。思春期のニキビは成長に伴う皮脂の分泌量と関係していますが、大人のニキビの原因はさまざまです。気になるニキビの予防と改善にコエンザイムQ10が役立つのをご存知でしたか?

ニキビの原因とは?

詳細を読む

ニキビは皮脂が毛穴に詰まり菌が増殖し炎症を起こしたものです。思春期は成長ホルモンや第二次性徴による性ホルモンの分泌の増加に伴い、皮脂の分泌が盛んになりニキビができます。

一方、大人になってからできるニキビは乾燥による肌のバリア機能の低下、ストレス、食生活の偏り、睡眠不足、喫煙などが複雑に絡み合ってできると考えられます。

乾燥するとニキビができる理由

詳細を読む

肌の最も外側は角質層と呼ばれ、皮脂膜に覆われています。角質層の水分はこの皮脂膜のお陰で一定に保たれています。皮脂膜は水分を保つほかにも雑菌の繁殖を抑えるなど、バリアの機能を果たしています。

ところが皮脂の分泌が少ないと、皮脂膜がバリア機能をしっかりと果たすことができません。だんだんと角質層の水分が失われ乾燥し、肌は硬くカサついた状態になります。硬くなった角質は毛穴を細くし、皮脂が詰まりやすく、雑菌も繁殖しやすい環境となりニキビができてしまうわけです。

肌の保湿を助けるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は体内中の細胞に存在し、エネルギーを作り出す働きに関わる物質です。ビタミンに似た働きがありますが、ビタミンとは違い体内で合成されます。コエンザイムQ10は肌の保湿を促す効果が期待できます。

皮膚の表皮、真皮、軟骨、臓器、目の硝子体など、体のさまざまな部分にヒアルロン酸という成分が存在します。ヒアルロン酸は真皮に多く含まれており、コラーゲンやエラスチンのまわりに存在して水分を保持する働きがあり、肌の乾燥を防ぐ役目を担います。これらの3つの成分が協力しあって肌の乾燥を防ぎ、弾力性を保持するように働くのです。

ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンは真皮の線維芽細胞と呼ばれるところで合成されます。コエンザイムQ10は線維芽細胞にも存在します。そこでエネルギーを作り出し、細胞の働きを活発にすることにより、ヒアルロン酸などの成分の合成を促進します。

ヒアルロン酸などがたくさん作られると肌の乾燥防止に役立ち、ニキビの予防が期待できるのです。そのためにはコエンザイムQ10が体内に十分存在することが望ましいといえるでしょう。

ニキビの発症、悪化を招く活性酸素

詳細を読む

大人のニキビは乾燥のほかにもストレス、喫煙、偏食などが原因であると考えられています。

ストレスや喫煙、偏食、特に食品添加物などは体内の活性酸素を増やします。活性酸素は強い酸化力を持っており、体内で過剰に発生すると健康な細胞を傷つけ弱らせてしまいます。

皮膚の細胞が活性酸素により酸化されるとターンオーバーが乱れ、肌の健康が損なわれます。毛穴の皮脂が酸化されると炎症をひき起し、ニキビの発症、並びに悪化を招きます。

コエンザイムQ10は皮膚や皮脂の酸化を防止する

コエンザイムQ10はエネルギーを作り出すだけではなく、過剰に発生した活性酸素が、肌の細胞や皮脂を酸化するのを阻止する抗酸化作用があります。この作用により間接的にニキビの予防に働きかけるのです。

コエンザイムQ10のほかに、ビタミンC、ビタミンEにも抗酸化作用があります。このふたつのビタミンはコエンザイムQ10と相乗効果があり、一緒に協力し合って働くことにより、より強い抗酸化作用を発揮することができます。

コエンザイムQ10のサプリメントに、ビタミンCやビタミンEを同時配合した商品も販売されています。ニキビの予防だけではなく、美白、シミ、そばかす、シワの改善効果も期待することができます。

またこれらの成分を配合した化粧品も販売されており、高い美容効果を期待する女性の注目を集めています。コエンザイムQ10配合のクリームは保湿性が高く、体の内と外、両方からのニキビ予防対策におすすめです。

抗酸化作用のある成分でニキビ予防に努めよう

コエンザイムQ10はニキビ予防の手助けをする成分で、サプリメントから効率的に摂取できます。同時にビタミンC、ビタミンEを含む食品や、ポリフェノールを含む抗酸化作用のある食品を毎日積極的に食べるとよいでしょう。

・ビタミンCを多く含む食品
パプリカ、ブロッコリー、芽キャベツ、イチゴ、キウイフルーツ、アセロラなど

・ビタミンEを多く含む食品
アーモンド、ピーナッツ、松の実、にじます、鮎、うなぎ、カボチャなど

・ポリフェノールを含む食品
大豆、蕎麦、ブルーベリー、ココア、ダークチョコレート、ゴマ、緑茶、赤ワインなど

ニキビ予防には規則正しい生活習慣が大切

詳細を読む

不規則な睡眠や喫煙、過度の飲酒などはニキビだけではなく、健康にも悪影響を及ぼします。生活習慣の乱れはホルモンバランスを乱すことに繋がり、ニキビや吹き出物が悪化しやすいものです。ニキビ予防には規則正しい生活習慣が大切だということを覚えておきましょう。

MENU