アンチエイジングに役立つ!コエンザイムQ10

抗酸化作用という言葉を耳にしたことはありませんか? 抗酸化作用とは老化の進行を遅らせること、つまりアンチエイジングに関わる作用のことです。そして強い抗酸化作用のある成分として知られているのがコエンザイムQ10です。ここではコエンザイムQ10とアンチエイジングについて説明します。

抗酸化作用がアンチエイジングに効く

ビタミンEやビタミンCは美容のためのビタミンとして知られています。その理由は、これらのビタミンには抗酸化作用があるからです。抗酸化作用により、過剰な活性酸素から肌の酸化を守り、老化を遅らせるアンチエイジング効果が期待できるのです。

コエンザイムQ10は生命活動に必要なエネルギーを作り出し、若々しくイキイキとした毎日をサポートをする物質で、サプリメントのひとつとして広く利用されています。同時に強い抗酸化作用を持っており、アンチエイジング効果が期待される物質でもあります。

肌を老化させる活性酸素とは

詳細を読む

抗酸化作用やアンチエイジングについて説明する際、必ず関わってくるものがあります。それは活性酸素です。

抗酸化作用とは活性酸素を除去する働きのことです。活性酸素の害については近年注目を集めているため、一度でもその名前を聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

人は呼吸により酸素を取り入れ、食事からの栄養素と共にエネルギーに変換し生命活動に利用しています。エネルギーが作られる際、活性酸素が発生します。活性酸素は非常に強い酸化力を持ち、ウイルスや病原菌を除去します。しかし増え過ぎると正常な細胞まで酸化してしまう有害な物質に変わります。細胞の酸化とは細胞を錆びつかせる、すなわち老化を意味します。

過剰な活性酸素は肌の細胞を酸化させ、しわ、たるみ、シミを作る原因であり美容の大敵です。活性酸素はエネルギー産生時だけではなく、ストレス、紫外線、喫煙、激しい運動、大気汚染、食品添加物などの摂取によっても増加します。肌の老化の進行を遅らせるアンチエイジングには、過剰な活性酸素を除去する抗酸化物質が必要です。

ビタミンEを修復するコエンザイムQ10

活性酸素を除去する抗酸化物質として広く知られているビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれており、アンチエイジングには欠かせない成分です。コエンザイムQ10はそのビタミンEを修復する働きがあるのです。

細胞は細胞膜で覆われています。細胞膜の成分には不飽和脂肪酸が多く含まれています。増え過ぎた活性酸素は不飽和脂肪酸を酸化させ、過酸化脂質と呼ばれる有害な物質を作り出します。

過酸化脂質は肌を老化させ、しわやたるみの原因となる物質です。ビタミンEは、自身を酸化させることにより過酸化脂質の合成を食い止めます。こうして酸化してしまったビタミンEはコエンザイムQ10により修復され、再び抗酸化物質として働くことが可能となります。ビタミンCもまたビタミンEの修復に関わります。コエンザイムQ10、ビタミンE、ビタミンCを合わせて摂取すると、相乗効果により高いアンチエイジング効果が期待できるわけです。

体内で合成されるコエンザイムQ10

コエンザイムQ10とビタミンCはどちらも抗酸化物質であり、ビタミンEを修復するだけではなく、自らも過酸化脂質が作られるのを防ぐ作用があり、アンチエイジングに働きかけます。

コエンザイムQ10はビタミンとは違い体内で合成される成分です。したがって体内量が十分に存在すれば、強力な抗酸化作用で過酸化脂質が作られるのを防ぐことが可能です。

ただコエンザイムQ10が体内で合成される量は年齢に伴い減少します。このことから食品やサプリメントから摂取するように心がけるとよいでしょう。

ビタミンE、ビタミンCは食品から摂取しない限り体内で利用することはできません。

抗酸化作用があるのは還元型

詳細を読む

コエンザイムQ10は酸化型と還元型があります。体内に存在するのは還元型で、抗酸化作用を発揮するのも還元型です。このためサプリメントから摂取する場合、還元型のほうが高い利用効率が望めます。酸化型は摂取すると体内で還元型に変換されてから利用されます。ただ摂取したすべての酸化型が還元型に変換されるわけではありません。変換される量は加齢に伴い減少します。

コエンザイムQ10の吸収率を高めるためには単独では摂取せず、脂肪分を含む食品や牛乳などと一緒に摂取するようにします。

アンチエイジングには活性酸素を過剰に増やさないようにすることも大切です。活性酸素は呼吸から取り入れる酸素のうちの数パーセントが変化するだけではなく、激しい運動、紫外線、喫煙、ストレス、食品添加物、大気汚染などによっても増えるので注意しましょう。

老化の進行を遅らせ若々しいお肌を保ちたいと願う人は、コエンザイムQ10をできればビタミンE、ビタミンCと一緒に毎日継続的に摂取するとよいでしょう。

まとめ

増え過ぎた活性酸素は肌の細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸を酸化させ、過酸化脂質と呼ばれる有害な物質を作り出します。過酸化脂質は肌のシワ、シミ、たるみなどの原因です。

コエンザイムQ10は抗酸化作用があり、過剰な活性酸素の害から肌を守り、老化の進行を遅らせるアンチエイジングの働きがあります。

コエンザイムQ10は同じく抗酸化作用のあるビタミンEを修復する働きがあります。この作用により、体内で酸化されたビタミンEは再び抗酸化物質として活性酸素の除去に働くことができます。

コエンザイムQ10とビタミンE、そして同じく抗酸化物質であるビタミンCは相互作用があり、一緒に摂取するとより強いアンチエイジングの作用が期待できます。

MENU