活性型コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10は酸化型と還元型があり、人の体内に存在するのはほとんどが還元型です。コエンザイムQ10はエネルギーを作り出すのに必要不可欠の物質ですが、吸収率が悪いというデメリットがあります。そのデメリットをなくした活性型のコエンザイムQ10が開発され注目を集めています。

コエンザイムQ10の働き

詳細を読む

コエンザイムQ10は補酵素で、ビタミンに似た働きをするビタミン様物質です。
人の体内でも合成され、人体のあらゆる部分に存在します。コエンザイムQ10の働きは、単独ではうまく作用しない酵素を補助してエネルギーを作り出すことです。また抗酸化作用があり、余剰な活性酸素を除去し、生活習慣病の予防や老化を防止する働きもあります。

コエンザイムQ10の型と吸収率

詳細を読む

コエンザイムQ10は脂溶性の物質で酸化型と還元型があります。人の体内ではほとんどが還元型で存在しますが、酸化型は小腸で吸収される過程で還元型に変換されます。

コエンザイムQ10は人の体内で合成されるものと食品から摂取するものがありますが、吸収率が悪いのが欠点です。コエンザイムQ10は肉類や野菜、果物類、魚介類、ナッツなど、多くの一般の食品に含まれています。しかし摂取した量の60%は吸収されずに体外に排泄されるという報告が成されています。

コエンザイムQ10は加齢に伴い体内で合成される量が減り、人体中に存在するコエンザイムQ10の総量も減少します。またストレスや病気でもコエンザイムQ10の合成量が減ります。

活性型コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10の吸収率の悪さを改善するため、国内の企業が特許技術で開発したものが活性型コエンザイムQ10です。従来のコエンザイムQ10は脂溶性物質ですが、活性型は脂溶性と水溶性の両方を兼ね備えています。

活性型コエンザイムQ10の特徴

特許技術により活性型は従来の脂溶性のコエンザイムQ10の8.75倍という高い吸収率を持ちます。この高い吸収率により、摂取量が少なくてすみ、胃腸にも負担がかかりにくいというメリットがあります。同時に非常に強い抗酸化作用があり、過剰な活性酸素を除去し、細胞の酸化を防ぎます。

活性型コエンザイムQ10の吸収について

摂取した食べ物は小腸で吸収されます。小腸の内側には多くの輪状のひだがあり、その表面は0.5~1.2mmの柔毛と呼ばれる突起でおおわれています。このしくみにより小腸内部の表面積が大きくなり、栄養の吸収を効率よく行うことができます。柔毛内には毛細血管とリンパ管があります。

特許技術による活性型コエンザイムQ10は、カプセルの中では水と脂溶性のコエンザイムQ10が混濁しています。いったん摂取すると、体内で水と脂溶性のコエンザイムQ10が結びつき、水の分子がコエンザイムQ10を覆うような形になり小腸へと運ばれます。小腸にたどり着くと、水とコエンザイムQ10が切り離されます。水は柔毛にあるフィルターのような役目を果たしている小さな取水口から取り込まれ、柔毛の中の毛細血管で吸収され体中に運ばれます。コエンザイムQ10は柔毛の取り込み口から体内に取り込まれ吸収されます。

従来の脂溶性のコエンザイムQ10は分子量が大きく、柔毛にある取り込み口から取り込まれるためには消化酵素で小さなサイズにする必要があります。しかし小さなサイズにするには時間を要し、大部分は小さくできず、吸収されずに排泄されてしまいます。活性型コエンザイムQ10は特許技術により分子量を小さく安定させ、取り込み口から小腸内部に入りやすいかたちに改良されています。さらに活性型は小腸上皮細胞から取り込まれるほかにも、柔毛の中のリンパ管で直接吸収されることも高いのではと考えられています。

コエンザイムQ10の吸収率が高い活性型は、体全体にコエンザイムQ10が早く行き渡り、その働きを効率よく利用できます。

活性型コエンザイムQ10の安全性

活性型コエンザイムQ10は酵母を使い抽出、精製する発酵法により作られており、肉や魚に含まれるコエンザイムQ10と同じ構造をしています。開発した企業でのテストで高い安全性が確認されており、安心して摂取できます。

従来型のコエンザイムQ10の唯一のデメリットといえる吸収率の悪さを解決したのが活性型コエンザイムQ10です。40歳を過ぎると体内での合成力が低下するコエンザイムQ10を活性型で補ってみませんか?

まとめ

活性型コエンザイムQ10は従来のコエンザイムQ10のデメリットである吸収率の悪さを特許技術により改良した型です。

従来のコエンザイムQ10は脂溶性で、摂取しても60%は吸収されず、体外に排泄されるといわれています。

活性型は水と脂溶性コエンザイムQ10がカプセル内で混濁しています。摂取すると体内で水とコエンザイムQ10が結びつきますが、小腸に達すると切り離され、それぞれの取り込み口を通して体に吸収されます。活性型は従来型の8.75倍の高い吸収力を持っています。

吸収力の高い活性型は効率のよくコエンザイムQ10を活用できます。安全性も確認されているので、安心して摂取できます。

MENU