コエンザイムQ10の抗酸化作用とは?

サプリメントのひとつとして広く知られているコエンザイムQ10にはふたつの大きな働きがあります。ひとつはエネルギーを作り出すこと、もうひとつは抗酸化作用です。抗酸化作用という言葉は近年、メディアやネット上で頻繁に取り上げられよく耳にしますが、具体的にはどのような作用なのでしょうか。

コエンザイムQ10の特徴と働き

詳細を読む

コエンザイムQ10は脂溶性で、ビタミンに似た働きのあるビタミン様物質です。ユビキノンとも呼ばれています。コエンザイムQ10は補酵素であり、単独ではうまく作用しない酵素と結合してその働きを補助します。

コエンザイムQ10は体内で合成することができ、臓器や筋肉、血液中、細胞内など、体中に広く分布しています。

コエンザイムQ10は還元型と酸化型があり、体内に存在するのはほとんどが還元型です。食品に含まれるコエンザイムQ10は還元型、酸化型の両方があります。食品から酸化型を摂取すると、小腸で吸収される過程で還元型に変換され利用されます。

コエンザイムQ10は細胞内のミトコンドリアでエネルギーの産生に関わるほか、抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは簡単にいえば、体の酸化を防止する働きのことです。体の酸化とは体が錆びることで、老化することを意味します。

抗酸化作用のある物質を抗酸化物質と呼びます。抗酸化物質でよく知られているのはコエンザイムQ10のほかにアスコルビン酸(ビタミンC)、ビタミンE、ポリフェノール類、フラボノイド類、カテキンなどがあります。

体の酸化は活性酸素が深く関わっています。では活性酸素とはどういったものなのでしょうか?

活性酸素の特徴と働き

詳細を読む

人は呼吸から酸素を取り入れています。酸素は栄養素と結合し、エネルギーに変換され生命維持に利用されます。体内に取り入れた酸素は代謝の過程で活性酸素を発生させます。

活性酸素は体内の細菌や病原菌を排除し、体を病気から守ります。そのほかにもエネルギー産生の際に余分な水素と結びつき、水になって体外に排出するなどの働きがあります。

活性酸素は非常に強い酸化力があり、増え過ぎると体を酸化させる有害な物質に変わります。体が酸化するというのは老化が進行することであり、いろいろな病気を引き起こす原因にもなります。動脈硬化をはじめとする糖尿病などの生活習慣病、がん、老人性認知症なども活性酸素が関係していると考えられています。活性酸素はまた、シミ、そばかす、シワなど、肌トラブルの原因でもあります。

呼吸から取り入れた酸素のうち、数%が活性酸素になります。それ以外にも激しい運動、紫外線、電磁波、放射線、大気汚染、残留農薬、食品添加物、薬剤、喫煙、ストレスなどが活性酸素を増やす原因です。

コエンザイムQ10はエネルギー産生時に発生する活性酸素を除去

コエンザイムQ10は人の細胞内のミトコンドリアに多く存在しています。体内に取り入れられた酸素と栄養素は血流に乗り全身の細胞に運ばれたのち、ミトコンドリアによってエネルギーに変換されます。

活性酸素はミトコンドリアでエネルギーが生成される時に大量に発生します。ミトコンドリアには還元型のコエンザイムQ10が多く存在し、発生した活性酸素を除去します。この働きにより体の酸化、すなわち老化が防止され、活性酸素の害から体が守られます。

加齢に伴い減少するコエンザイムQ10

詳細を読む

過剰な活性酸素の害から体を守る抗酸化作用のあるコエンザイムQ10ですが、体内で合成される量は年齢に伴い減少することが確認されています。体内で合成される量が減ると、体内に存在するコエンザイムQ10の総量も減り、活性酸素から体を守る働きが低下します。とくに40歳を過ぎると、コエンザイムQ10の体内生成力の低下が顕著に起こります。

コエンザイムQ10は肉類、魚介類、野菜、果物、ナッツ、豆類、乳製品など、多くの一般の食品に含まれています。このような食品をバランスよく食べ、必要であればコエンザイムQ10のサプリメントを摂取するとよいでしょう。

まとめ

コエンザイムQ10の働きのひとつに抗酸化作用があります。抗酸化作用とは体の酸化を防ぐ働きです。

人が呼吸から取り入れた酸素は栄養素と結合し、エネルギーに変換され生命維持に利用されます。体内に取り入れた酸素は代謝の過程で活性酸素を発生させます。

活性酸素は増え過ぎると有害で、体を酸化させ老化させます。生活習慣病などの病気や老人性認知症、がんなども活性酸素が関わっていると考えられ、シミ、しわなどの肌のトラブルも活性酸素の影響があるとされています。

コエンザイムQ10はエネルギーを作り出す細胞内のミトコンドリアに多く存在し、大量に発生した活性酸素を除去し、その害から体を守る働きがあります。

コエンザイムQ10の体内生成力は年齢と共に低下するため、食品やサプリメントから積極的に取り入れるようにしましょう。

MENU