コエンザイムQ10でいびき対策

いびきに効くというサプリメントが販売されています。そのような商品の原料には必ずといっていいほどコエンザイムQ10が使用されています。コエンザイムQ10がいびき対策に使用されるのは何故でしょうか。コエンザイムQ10といびきの関係について説明します。

気道が狭くなることによりいびきをかく

詳細を読む

就寝中に気道が狭ばり、呼吸により吸い込んだ空気が喉の奥の粘膜を振動させ音を立てるのがいびきです。では何故、気道が狭くなるのでしょうか。

気道が狭くなるのは次のような原因が考えられます。

・風邪やアレルギーにより鼻が詰まり口呼吸している
・扁桃腺が大きい、あるいは腫れている
・下顎が小さい
・肥満で喉の周りに脂肪がついている
・飲酒による喉のむくみ
・疲労による喉の筋肉のゆるみ

このように、さまざまな原因で気道が狭くなりいびきをかきます。いびきを改善するためには喉のむくみや筋肉のゆるみを解消し、狭くなった気道を元の大きさに戻し、空気の流れを正常にする必要があります。

コエンザイムQ10の特徴といびきとの関係

コエンザイムQ10は人の体内で作られる物質で、ビタミンに似た働きがあります。一般の食品にも含まれています。コエンザイムとは補酵素という意味で、酵素を補助する働きがあります。コエンザイムQ10は単独ではうまく作用しない酵素と協力して、エネルギーの元になるアデノシン三リン酸という物質を効率的に産生します。そして過剰に発生した活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

コエンザイムQ10は還元型と酸化型があり、体内では大部分が還元型として存在しています。酸化型は体内で還元型に変換されてから利用されます。

コエンザイムQ10がいびきの治療に有益であるのかについては現在も研究が続いています。国内で行われたある臨床試験では、コエンザイムQ10は鼻腔や喉の面積を広げ呼吸をスムーズにし、いびきの減少に有益に作用したという結果が出ています。

では何故、コエンザイムQ10がいびきの減少に働くのでしょうか。

エネルギー産生に関わるコエンザイムQ10は筋肉の機能を高め、たるみやむくみを減少させます。そしてそれにより気道を広げ、空気の通り道を確保し、いびきを改善するのではと考えられています。今後の更なる研究報告が待たれます。

いびき防止サプリメントとしてのコエンザイムQ10も販売

コエンザイムQ10はサプリメントで色々な種類が販売されていますが、いびき防止用としてコエンザイムQ10を配合したサプリメントも販売されています。
コエンザイムQ10の摂取でいびきが減り、朝の目覚めがよくなったという口コミも多くあります。いびき改善の目的でコエンザイムQ10のサプリメントをお探しの人は、このような商品を選んでみるのも一案です。

いびき対策にコエンザイムQ10を継続摂取しよう

詳細を読む

コエンザイムQ10はレバー、イワシ、ピーナッツ、植物油、ブロッコリー、チーズなど、多くの食品にも含まれています。バランスの良い食事をすると、色々な食品からコエンザイムQ10を摂取することができます。コエンザイムQ10は脂溶性で吸収率の悪い成分ですが、油を含む食品と一緒に摂ると吸収率が高まります。サプリメントを摂取するタイミングは食後すぐ、あるいは食事と一緒が効率的です。

コエンザイムQ10は加齢に伴い体内で作られる量が減ります。いびきが気になる人は、食品やサプリメントから積極的にコエンザイムQ10を摂るとよいでしょう。とはいえコエンザイムQ10のサプリメントは健康食品であり、いびき改善の薬ではありません。喉や鼻の疾患が原因のいびきは、医師に相談することをおすすめします。

肥満によるいびきは、まずダイエットからはじめてみましょう。コエンザイムQ10は代謝を促進する助けにもなるため、ダイエット中に摂取するのもよいでしょう。

コエンザイムQ10はある程度継続して摂取することがすすめられます。いびきが気になる人は毎日コエンザイムQ10を摂取しましょう。

MENU